性病に感染してしまったが、誰にも相談できないし病院へ行くのも気恥ずかしい。その間にも病状はどんどん悪化していきます。自身のためパートナーの為にも早期治療でしっかり治しましょう。

各都道府県によって性病の料金が異なることがある

性病に関する治療の料金は、各都道府県によって大きく異なることがありますので注意が必要です。性病には、保険が適用されるものと保険が適用されないものがあります。一般の病気で薬を貰うときには保険が適用されて全額負担でお金を支払う必要は無いのですが、性病の場合は料金体系が他の病気とは異なるので高い料金を支払わなくてはいけないことがあります。実は、こうした状況は各都道府県でかなり異なることもあるので注意が必要です。では、なぜ各都道府県で性病に関する料金が異なっているのでしょうか。これには、医療に関する日本の特殊な考え方が関係しています。日本の医療制度というのは、高度で先進的な治療に関しては基本的に保険の適用がありません。例えば、美容整形などで海外から取り寄せた最新の医療機器を使う場合にはほとんどのばあいで保険は適用されません。実際に、美容整形や医療脱毛など高度な機械を使う手術では一切保険が適用できないので、高度な技術を提供している病院が多い都道府県ほど、全体的な平均的な医療の料金は上がってしまう傾向にあります。また、医療については著作権の問題も関係しています。病院から支給されている薬には、実は著作権が存在します。一般市場で販売されている薬の多くは、後発医薬品と呼ばれているものであり著作権が切れた医薬品を一般企業がその医薬品の成分を真似て作っているものが大半です。そのため、医薬品指定の健康補助食品などはどこの会社もほとんど似た成分になっています。こうした傾向は性病に関しても当てはまり、性病の中にも先進的な医療を採用しているものや薬に関して著作権が関連しているものもあります。ですので、医療の料金が高くなってしまうことがあるわけです。