性病に感染してしまったが、誰にも相談できないし病院へ行くのも気恥ずかしい。その間にも病状はどんどん悪化していきます。自身のためパートナーの為にも早期治療でしっかり治しましょう。

性病と染症と単純性紫斑病について

単純性紫斑病は、男性よりも女性に多く見られる症状です。単純性紫斑病は年代的には、20代に見られる出血斑になります。単純性紫斑病は特に、かゆみや痛みを感じる症状ではありません。ただ、肌に色素沈着を起こしてしまい、それが残るケースもあります。肌を美しく保ちたい女性にとってみれば、もしも症状が見られたとしても、油断ができないものです。米粒サイズの点状の出血斑が、肌に多数あらわれてきます。隆起したはいませんし、しこりもなく平らでです。合併症になったりするものでもありません。症状の経過としては、良好な疾患になります。

感染症予防として大切なことは、風やインフルエンザの対策で言えば、手洗いやうがいは欠かせないことです。病気の感染症は種類がありますが、冬のシーズンの感染症で言えば、インフルエンザや風邪の感染には、しっかりと対策をしていく必要があります。その基本となるのが、帰宅したら手洗いをして、うがいをするというものです。とてもシンプルなことですが、風やインフルエンザから身を守るためには、とても大切な行為になります。手を洗ったら、清潔なタオルで手をふきましょう。室内の清掃も行い、清潔な状態を保つことも大切なことです。

性病の一つとして、性器ヘルペスもあります。単純ヘルペスウイルスによる、感染による性感染症の性病です。ヘルペスウイルスを、唇まわりや外陰部より放出している、性交のパートナーとの接触により感染する性病です。外陰部に水ぶくれができたり、潰瘍性の病変があらわれたりします。性器ヘルペス感染者の数というのは、性器クラミジア感染症についで女性では多く見られる性病でもあります。男性の場合だと、淋病の次に多いです。