性病に感染してしまったが、誰にも相談できないし病院へ行くのも気恥ずかしい。その間にも病状はどんどん悪化していきます。自身のためパートナーの為にも早期治療でしっかり治しましょう。

性病のピンポン感染には気をつけよう

ピンポン感染とは、カップルなどに多く、自分とパートナーが両方とも感染していて、片方だけ治療し、そのまま相手は治療しないままだとしましょう。
その後、治療した人が、治療していない人にまた感染させられてしまった状態などを言います。
それを繰り返してしまう事から卓球の打ち合う様子に例えて「ピンポン感染」とつけられました。
主に、性病の感染症に多いケースです。

このピンポン感染が厄介なのは、感染経路がさまざまなケースがある事と、自覚症状がないケースが多いという事です。
たとえば、セックスをし、その後しばらく経過した後に、片方だけが性病の感染症の症状が見られた場合でも、もう片方は症状が出てないから大丈夫とは限らないという事です。
クラミジアや、ヘルペスなどは、オーラルセックスにより感染してしまうケースもありますし、トリコモナスなどのようにタオルや、下着、便器などを通して感染する場合もあります。
症状がない場合でも、病原菌には潜伏期間があり、この間には、検査を行っても陽性反応が現れないのが厄介です。
淋病などの場合は、長期間にわたり、無症状の事が多いため、気づかないまま、パートナーに感染させてしまうケースが少なくないのです。
また、コンドームにより、全ての性病の感染を防げていると考えない方が良いでしょう。
梅毒などは、股間の付け根に発症することが多いため、コンドームでは防ぎきれない場合が多いのです。
痛みも感じないため、そのまま放置されていることが多く、そのまま放置すると、ただれて、病原菌が増殖し、その傷を治そうとして出てくる浸出液がコンドームの外側についた状態などでセックスを行うと、相手に感染させてしまう可能性も十分にあります。

このように、感染経路が複雑な場合があり、気をつけていても感染させてしまう事があるのです。
ですので、少しでもおかしいと思ったら、専門医に診てもらうようにしましょう