性病に感染してしまったが、誰にも相談できないし病院へ行くのも気恥ずかしい。その間にも病状はどんどん悪化していきます。自身のためパートナーの為にも早期治療でしっかり治しましょう。

性病検査や治療が可能な施設

性病は性行為によって発症してしまう病気です。
コンドームを使用せず性行為をおこなった場合に性病に関係したウイルスに感染する可能性があります。
ですので性行為をおこなう際には必ずコンドームを使用しておこなう必要があります。
性病は男女共に感染する可能性があり、どちらか一方が感染していると相手に感染させてしまう可能性がありますので性病を発症している場合にはすぐに治療をおこなう必要があります。
性感染症の中には自覚症状のないものも存在していますので、症状が出ないからといって安心してはいけません。
コンドームを使用していない性行為などの危険行為をおこなった場合には性病の検査を受けるように心がけましょう。
クラミジアや梅毒などの性感染症の場合は抗生物質を服用する事によって完治させる事が可能ですが、HIVという性感染症の場合では完治させる特効薬は現在存在していません。
その為1度HIVに感染してしまうとエイズを発症させない為にHIVウイルスを一定の数に保つ薬を服用し続けなければいけません。
またHIVは早期の発見が重要です。
発見が遅れてしまうと症状が劇的に悪化し、取り返しのつかない状態に陥ってしまいます。
HIVや梅毒の検査は無料でおこなっている施設が存在します。
保健所や一部の専門的な病院では定期的に無料で検査をおこなっていますので、心配な方は1度検査予約をされてみてはいかがでしょうか。
HIVの場合は抗体ができなければ検査をしても感染状態が確認できませんのでご注意下さい。
もしもHIVや梅毒などの感染している事が判明した場合には検査をおこなった施設から治療をおこなう事ができる病院を紹介してもらえます。
特にHIVに感染している場合は専門的な治療が可能な病院を紹介してもらう事ができます。
クラミジアなどの比較的軽度な性病の場合は泌尿器科などで抗生物質を処方してもらう事ができます。